仁木と守屋

アルコールや薬、色々な食品への添加物などを酵素により分解して無毒化する活動を解毒(げどく)と言い、肝臓の果たしているとても重要な働きのひとつです。
悪性の腫瘍である卵巣がんは、正常ならば人間の体をがんにさせない働きをする物質を産出するための型みたいな遺伝子の不具合で発症してしまうと言われています。
音楽会やライブなどの開催場所やディスコなどに置かれているものすごく大きなスピーカーのすぐ近くで爆音を聞いて難聴になってしまうことを「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と言っています。
常識で考えると骨折は起こさない位の小さな圧力でも、骨の限られたポイントに幾度も繰り返し続けてかかってしまうことにより、骨折へとつながることがあるので気を付けなければいけません。
患者数が増加しているうつ病では脳の中で分泌される神経伝達物質セロトニンが不足することにより、強い憂うつ感、不眠著しい倦怠感、疲労感、食欲の低下、強い焦燥感、意欲の低下、そして重症化すると自殺企図等の様々な症状が見られるのです。
かわって、2012年9月から原則無料で接種することができる定期接種になるため、集団接種ではなく医療機関で個々に接種してもらうスケジュール管理の必要な個別接種の扱いに変わりましたのでご注意ください。
日常的に横向きのままでテレビ画面を眺めていたり、デスクの上で頬杖をついたり、ヒールの高い靴をよく履いたりというような癖や習慣は体の上下左右の均衡が悪くなる大きな誘因になります。
子どもの耳管の特性は、大人の耳管と比較すると幅がある上に短くなっており、尚且つほぼ水平になっているため、様々な菌が進入しやすくなっているのです。幼い子供がよく急性中耳炎を起こすのは、このためだと言われています。
加齢が原因の耳の聞こえにくさはゆっくりと聴力が低下していくものの、普通は60歳を超えてからでないと聞こえの悪化をしっかりと把握できません。
World Health Organizationは、有害なUV-A波の著しい浴び過ぎは皮ふの病気を招く可能性が高いとして、19歳未満の若い人がファッション感覚で肌を黒くする日サロを利用することの禁止を強く先進国に求めています。
耳鳴りには種類があり、当事者しか感じないという「自覚的耳鳴り」と、血液の流れのように当事者と他の人にも性能の良いマイクロホンなどを利用してみると響いているという「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。
体脂肪率(percent of body fat )」というのは、人の体内の脂肪の付いている重さであって、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪の量(キロ)÷体重(body weight、キロ)×100」というシンプルな数式で確認できます。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新しい薬の特許が切れた4週間後には、製薬市場の約80%がジェネリックジェネリック医薬品)に取って代わる飲み薬もあるほど、ジェネリックジェネリック医薬品後発医薬品)は世界各国で浸透しているのです。
AED(Automated External Defibrillator)とは医療資格を有していない人にも使う事のできる医療機器で、機器本体からの音声ガイダンスに従って扱うことで、心臓が細かく震える心室細動に対しての処置の効き目を患者に与えます。
「肝臓の機能の低下」については、血液検査項目のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-GTP等3種類の値で診ることができますが、近頃肝臓の機能が悪化している人々が増加傾向にあるということが危険視されています。